nettoの想い

誰もが高齢で暮らすことを負担と感じず、
自分の人生を歩むことができたらどんなにいいだろう

高齢になってできないことが増えたり、
認知症になったら不幸でしょうか?

『近所に迷惑をかけたくない』
『子どもに迷惑をかけたくない』

自宅に帰りたい、自宅で暮らしたいという自分の気持ちを犠牲にするしかなく、
生きる希望を失ったまま亡くなる高齢者をたくさん目の当たりにしてきました。

両親の介護をするご家族も、
頻繁に帰省をしなくてはならなかったり
仕事を辞める必要性にせまられ、
自分たちの生活に大きな負担がかかり
不安を諦めの板挟みに合い疲弊しています。

ご家族にはご家族の生活があり
大切にしている暮らしがあるはずです。

徐々に範囲が狭まる介護保険の助けを
得ることができずに困っている方が
本当にたくさんいらっしゃいます。

そういう方々が
一人でも少なくなって欲しいと願い、
「暮らし支援サービスnetto(ねっと)」
を立ち上げました。

介護保険にとらわれないサービスを。
自分の生き方を犠牲にしない暮らしを。

そのために私たちはリハビリのプロとして、日々専門性を磨いています。

骨や筋肉や神経だけでなく、
認知症、脳機能、活動分析、心理、
病理、呼吸、嚥下、福祉用具、
安全に暮らすための家屋改修方法など
その守備範囲は広い分野に渡ります。

『ご自身でできることを減らさない』
それが一番のリハビリだと
私たちは考えています。
自分でできる、やりたいことができる。
それが何よりも生きる力を引き出すと信じています。


病気や老いや認知症になることを
悪いこととして扱うのではなく、
そういった状況になっても
その人らしく幸せに暮らせるように、
オーダーメイドで手だてを作り上げます。

ぜひ私たちにお手伝いをさせてください。

代表 末弘隆太