できること

介護の相談に乗ります

ご利用者様の介護で悩まれた際、些細なことでもお気軽にご相談ください。

生活状況の確認

体調や血圧、薬の服薬状況やお通じの有無、生活の細かい変化やイベントなどを確認し、問題があれば対応いたします。内容は当日のサービス提供後にレポートとしてご家族に報告させていただきます。

運動機会の提供

できることが少なくなると、身体を動かす機会も少なくなりがち。netto(ねっと)のスタッフは全員リハビリ専門職。運動機会を提供し心身ともに健やかに保つことができるようサポートいたします。

家事サポート

一緒に洗濯や掃除、料理などの家事を行います。
身体状況を考慮して危険があれば注意点を伝えたり、環境を工夫して安全に行えるように支援します。
基本的には一緒に家事を行うことでお身体の機能を保ちいつまでもご自身でできるように支援をします。
それができるのもリハビリ専門職ならでは、ご自身でできることを減らさないことが一番のリハビリだと考えています。

買い物サポート

買い物をどうするかというのは大島の生活では困るところだと思います。netto(ねっと)では一緒に買い物に出かけ、おひとりでも買い物ができるように歩きの状態を確認し歩行補助具や歩き方のアドバイスをしたり自主練習メニューを考えたりします。​必要があればサポーターの車に同乗することもできます(ご家族の承諾が必要です)。

その日のサポート内容をレポートとして報告

その日の生活サポートの状況や最近の生活状況の変化、心身の状態についてレポートという形でお知らせしています。離れて生活していても写真や動画で状況を知ることができるので情報量が多く安心です。リハビリのプロ目線でしか気づけないことを知ることもでき、より健康に過ごすためのヒントを伝えることができます。
※レポートはメール、LINE、郵送、お電話などお好きな方法で可能です。サポーターとご相談下さい。

生活上のアドバイス

手すりの設置や歩行器の選択など迷われる方は多いのではないでしょうか? ご利用者様が安全に生活でき活動量が保てるよう、導入のタイミングや種類、手すりの高さや形状、工夫した方が良いところなど豊富な経験から様々なアドバイスをすることができます。
また、認知症になった後も色々な生活上の工夫や関わり方を変えることで元気で暮らすことができる可能性もあります。そういった面でアドバイスをさせていただければと思います。

もしもの時の駆けつけサポート

​体調不良や緊急で手助けが必要となった際に駆けつけて対応をすることができます。
基本的には24時間対応しております。

※必ず訪問することを約束するものではありません。

生きがい(やりたいこと)支援

お墓にお参りしたい、庭の手入れをしたい、畑仕事をしたい、カフェでお茶したいなど、ご利用者様のやりたいことを支援します。
介護保険ではこれらの【やりたいこと】は保険対象外のため支援することができませんがnetto(ねっと)なら可能です。
netto(ねっと)はご利用者様が、ただ生活できさえすれば良いとは思っていません。その人らしさや暮らしを彩るやりたいこと、大切にしたいことができてはじめて「暮らす」ということだと考えています。活き活きと元気に暮らすためには【やりたいこと】を支援することがとても大切だと考えます。

介護保険の申請サポート

万が一介護保険が必要となった際にご家族の代わりに役場への申請を代行したり、認定調査に立ち会うなどスムースな介護保険申請や区分変更などをサポートいたします。
頻繁に帰省できない方でも安心です。

公的機関との連携

必要があると判断した際は、在宅介護・医療を提供している公的なサービス(包括支援センターやケアマネジャー、地域の病院)と適切な情報提供や連携をさせていただきます。

旅行などのサポート

旅行に行きたい!という願いをかなえるため、旅行に帯同し様々なサポートをします。この場合料金は時給ではなく『今回の旅行行程だといくらですね』とサポーターと話し合って料金を決めることもできます。

通院サポート

定期的な通院をサポートいたします。タクシーの同乗でも良いですし、希望があればサポーターの車で送迎することも可能です(サポーターの車の利用には同意書へのサインが必要です)。依頼があれば主治医とのやりとりやお薬の受け取りまで支援できますので安心です。通院にかかる時間が長時間になる場合もありますので料金や方法についてはサポーターとご相談ください。

専門的な検査による心身の状況確認

ご希望があれば認知症の検査や身体機能の専門的な検査を定期的に行えます。 ご家族ではなかなか気づきにくい身体機能の変化や認知症の程度などを検査結果を数字で時間をおって確認することができますのでご利用者様の心身機能の状況を把握しやすくなります。

ただお側にいます

ご利用者様によってはただそばにいることが大切な方もいらっしゃいます。
寄り添って話を聴く。それだけでも構いません。一緒にお茶をいただくこと、悩みを聴かせていただくことなど。その方の人生に寄り添って良きパートナーとして心地よい時間を過ごせるように心がけています。

注意!対応できないこと

  • 直接身体に触れること
    医療的なリハビリ治療やマッサージ、介助の必要な歩行練習など
    ※バランスを崩された際に手を添えて転倒を防ぐことなどはもちろん致します。
  • 診療の補助に該当する行為
    病気や怪我の診断をすること、運動療法やマッサージ、義肢装具の処方、嚥下訓練など
    ※詳細についてはご相談ください
  • 資格を必要とする内容(理容など)
  • 持病がある方で主治医の許可が得られない場合
    該当する方は主治医に本サービスの実施許可をいただく場合があります。
    ​※詳細についてはご相談ください