nettoとは

あなただけのオーダーメイド介護

ご利用者さんならではの事情、ご家族の事情、
いろいろと考慮しながらオーダーメイドでサービスの内容や介入方法を
検討していきます。
介護保険って実は制約がとても多いのです。
この時間に訪問してほしい、こんなことを支援してほしい、
なんでも相談してください。

介護保険が使えなくても大丈夫

自費サービスなのでもちろん大丈夫です!

家族が全部背負わなくても大丈夫

一昔前までは介護は家族が担うものというのが当たり前でした。
しかし核家族化が進み、子ども世代は都会で暮らしている人が多くなりました。
高齢者だけで暮らしている世帯は周防大島では52.8%と半数以上です。
晩婚化も進み、両親の介護が必要な時にまだ子どもが成人しておらず手が掛かるという
人も少なくありません。
そんな状況の中、家族だけで介護を担うというのは無理があります。
netto(ねっと)のサービスは家族が全部背負いこまなくてもいいように
お手伝いさせてください。

シンプルな料金体系

利用料金はサポーターの時給のみ。
年会費や登録料、
交通費やオプション料金などは
一切かかりません。

柔軟でスピーディな対応

ご家族とはコミュニケーションアプリやお電話などを利用して連絡を取り合います
手軽で十分なコミュニケーションにより、自宅での暮らしの様子がよく理解でき、細かいご要望や相談なども伝えていただきやすい
システムとなっております。

安心安全

サポーターは全員リハビリの国家資格保有者です。事務局で身元の確認と研修をクリアしたサポーターだけが登録されています。
また万が一の保険にも加入しております。

高齢者だけで暮らす世帯の多い周防大島

周防大島の高齢化率は51.9%(65歳以上・2015年) 全国平均の26.6%を大きく上回っています。
高齢者のみの世帯も52.8%と半分以上。
高齢者だけの暮らしは何かと不安がつきもの。
買い物や家事、通院など思うようにいかないことが多いと思います。
家族が島外で暮らしている場合、すぐには帰れない現状がさらに不安を強めます。
外出機会が少なくなった、
認知症が進んでいるのでは?
と心身機能の低下を心配されている方も多いと思います。
近所の助け合いだけではどうにもならなくなった時、
介護施設に入るか、島外に呼び寄せるかという選択をする方を多く見てきました。
でも本当は自宅で暮らしたい…
大島の方は本当に日々の暮らしを大切にされています。
私たちは施設や呼び寄せではない選択肢として家族のチカラになれるような、
でも専門的な視点で転倒予防や介護予防もできる
幅広いサービスの必要性を強く感じ
2019年にnetto(ねっと)を立ち上げました。

リハビリって運動やマッサージじゃないの?

netto(ねっと)が考えるリハビリとは
対象となる方がどう生きるかを共に考え支えることです。
生活の中であきらめていたこと、
できなくなりそうなことを共に行ったり、
アドバイスをさせていただくことで、
その人の『こう生きたい』を実現することを大切にしています。
運動やマッサージでは実現できないその人の生き方、
暮らし方をサポートすることがnetto(ねっと)の理念です。

利用開始までの流れはとっても簡単

①お問合せ

ページ下のお問合せフォームよりご相談ください。

②面談

担当するサポーターが決まったら面談をします。

③サービス提供

当日のサービス提供です。安心してお任せください。

④お支払い

ひと月ごとに請求書を発行いたします。
銀行振込でのお支払いをお願いしております。

ご利用料金について
サポーターの時給のみ
年会費・交通費などはいただいていません